展示作家紹介一覧へ戻る

岡本瑛里 Okamoto, Eli

東京藝術大学大学院 美術研究科絵画専攻油画技法・材料
1987年 千葉県生まれ
2010年 個展「謡にまみえに」ミヅマ・アクション、東京
2011年 「ジパング」日本橋高島屋、東京、大阪高島屋、大阪、京都高島屋、京都
2012年 東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法・材料修了
東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程油画研究領域油画技法・材料在籍
岡本瑛里
奪還 2010 1970×910mm パネル、綿布、アクリル、油彩
	通りものの路(大下図) 2011 800×1800mm 紙、鉛筆、木炭、墨、日本画材
奪還 2010 1970×910mm パネル、綿布、アクリル、油彩
通りものの路(大下図) 2011 800×1800mm 紙、鉛筆、木炭、墨、日本画材
作家コメント

今見えている未来が押し流されぬよう民俗信仰に息づく原初の霊に学びつつ、
私たちがこの時代にこそ見るべき物語を織り出したい。

審査員評
下絵にはあきらかに伝統的な日本画のモチーフや画法があり、また東西の宗教画へのレファレンスがあるところが面白い。しかし、重要なのは「動物」というモチーフだ。人間を聖化し、アイコンへと昇華させるのではなく、「動物」そのものに聖性を見いだすことはアニミズムの新地平であり、そこに期待する。(後藤繁雄)