展示作家紹介一覧へ戻る

村山まりあ Murayama, Maria

東京藝術大学大学院 美術研究科彫刻専攻
1986年 神奈川県生まれ
2012年 東京藝術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
「東京藝術大学大学院修了制作展」台東区長奨励賞受賞
村山まりあ
ー俯瞰する者たちー 2012 1750×750×650mm セラミック
	ー俯瞰する者たちー 2012 260×260×260mm セラミック
	ー俯瞰する者たちー 2012 130×280×240mm セラミック
ー俯瞰する者たちー 2012 1750×750×650mm セラミック
ー俯瞰する者たちー 2012 260×260×260mm セラミック
ー俯瞰する者たちー 2012 130×280×240mm セラミック
作家コメント

私達は普段、あらゆる「物」を身の周りに置きながら生活を送っている。日常生活における「物」に対する人の認識の仕方、
また、複数の人が同一の「物」に対して得るイメージ間のずれの発生について考えた。

審査員評

村山のセラミックによる作品は、対象物に対するイメージのずれに基づいて制作されたものであるという。立像とその部分にも思われる頭像と脚だが、花びらに覆われてイメージがぼやけ詳細まで知ることはできず、鑑賞者にそのズレを埋める作業を求めているかのようである。(植松由佳)