展示作家紹介一覧へ戻る

金光男 Kim, Mitsuo

京都市立芸術大学大学院 美術研究科絵画専攻版画
1987年 大阪府生まれ
2010年 京都造形芸術大学情報デザイン学科先端アートコース卒業
2012年 京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻版画修了
「京都市立芸術大学作品展」大学院市長賞受賞
金光男
ロウ-アミ 2012 1165×4075×40mm シナ板、パラフィンをひいた紙、シルクスクリーン
ロウ-アミ 2012 1165×4075×40mm シナ板、パラフィンをひいた紙、シルクスクリーン
作家コメント

反復と一回性、相反するモノコトを共存させ、アンビバレントな自身のバックボーンを重ねる。
マテリアルの特性とモチーフの有機的な関係に重点を置き、新たな関係性を模索している。

審査員評

化学/工学としての写真(物質)にこだわり、デジタル画素写真(情報)に対抗する人は多いが、光と見る人の体験としての写真を物質化した試み。蝋などの素材の活躍も含めて、雄弁な視像体験。視界深度をたどるうちに、質量のある物質のヒエラルキーをたどり宇宙を夢想させる。(木幡和枝)