展示作家紹介一覧へ戻る

神谷麻穂 Kamiya, Asaho

金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科工芸専攻陶磁コース
1986年 愛知県生まれ
2012年 金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科工芸専攻陶磁コース修了
神谷麻穂
みち 2012 サイズ可変 陶土、磁土
みち 2012 サイズ可変 陶土、磁土
作家コメント

みちという言葉からイメージする記憶の断片を集めつなぎ合わせ、陶の半立体絵画として表現しました。

審査員評

神谷さんの作品に見られる繊細で複雑かつ優しい色彩や光を意識した優雅に輝くテクスチャー感は、美しい化粧品を手にとり肌にのせてみたいと思う気持ちに共通します。自然の素材を美しいアートとして成立させています。(打出角康・シュウ ウエムラ インターナショナル アーティスティック ディレクター)

「陶」を用のものとして使わず、ある自立的な形が誕生するところに使っている。海底の生物やコケ、木のヒダなど微細なクリーチャーたちに見える。しかしその細部が実に宝飾のようにきらびやかで、素朴に見え、実は多くの研究と試行錯誤のはてにたどりついた成果であることがわかる。装飾性と生命のきらめき。有機と抽象をいかに発展させるか楽しみだ。(後藤繁雄)