展示作家紹介一覧へ戻る

糸川ゆりえ Itokawa, Yurie

武蔵野美術大学 造形学部油絵学科油絵専攻
1988年 三重県生まれ
2012年 「武蔵野美術大学 卒業制作展」研究室賞受賞
武蔵野美術大学造形学部油絵学科油絵専攻卒業
武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻油絵コース在籍
糸川ゆりえ
煙と家 2012 1167×910×50mm ミクストメディア
	山と水 2012 180×70×70mm パラフィン蝋
	火事に遭った隣人2 2012 910×1167×50mm ミクストメディア
煙と家 2012 1167×910×50mm ミクストメディア
山と水 2012 180×70×70mm パラフィン蝋
火事に遭った隣人2 2012 910×1167×50mm ミクストメディア
作家コメント

ただの想像か、確かな現実か、その境目を描きたいです。
もろくて弱くて、嘘ばっかりの日常を利用して、制作している気がします。

審査員評

ここでは、伝統的な絵画素材ではない素材、たとえば、トレーシング・ペーパー等をまるで皮層として使用しながら、揺らぐようなイメージの重なりを効果的に表すことで、よしもとばななの『王国』の一節からヒントを得た、虚実の間に宙づりにされた両義的な領域や、そこから喚起される危うさ、といったテーマを表現している。(天野太郎)