展示作家紹介一覧へ戻る

井上康子 Inoue, Yasuko

京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術表現専攻
1987年 大阪府生まれ
2012年 京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術表現専攻修了
井上康子
by #1 stranger 2011 1520×2000×38mm パネル、綿布、染料
	by #3 weekenders 2012 1520×2500×38mm パネル、綿布、染料
by #1 stranger 2011 1520×2000×38mm パネル、綿布、染料
by #3 weekenders 2012 1520×2500×38mm パネル、綿布、染料
作家コメント

「破綻」や「バランス」を通して浮かび上がる、少しずれた日常。
奇妙な高揚感への入り口として、確かに私たちの近くにある。

審査員評

染色という工芸の手法を駆使し、コンテンポラリーアートの文脈で成立する美しい作品を制作した。従来の絵画や写真表現の限界を突破した可能性を強く感じる。日常性をモチーフとするが、それが今後どのように発展するか楽しみだ。(後藤繁雄)